カンボジア、エイズの感染の状態について…脅かすHIVについて

カンボジアでのエイズの感染の状態

f:id:starbucksfanfan:20140822025958j:plain

アジア 太平洋諸国の中で、成人のHIV感染率

高いと言われているのが、カンボジアである。

2003年末の統計

f:id:starbucksfanfan:20140822031514j:plain

カンボジアでは推定123,100人の成人(15-49歳)が

PLWHA(HIV感染者、エイズ患者)であるとされています。

この中にはまだまだ未確認の方もたくさんいます、

2003年だけでも、約8,000人の成人が

新しくHIVに感染し、

HIV感染者の17,900人が死亡したと推測されています。

ピーク時であった1997年の3.0%からは減少しています。

f:id:starbucksfanfan:20140909194125j:plain

カンボジアなどではまだまだ売春や、

女性を買う行為がまだまだ減っていないのが

原因の一つです。

そしてまだまだ教育の面で、

人々のHIV/エイズに関する理解は乏しく

忌み嫌われるものとして捉えられ、

エイズ患者が社会的な差別の対象となっています。

中にはエイズの患者は、

・医療サービスを受けられない

・仕事を続けられない

・家族から見放される

・死後も墓地への埋葬を拒否される

このような差別までうかがわれます。

このような誤解・偏見は、さらにHIV/エイズに

ついての知識が入ることを妨げ、

感染を予防するための知識がないまま、

患者が増える可能性があるという悪循環をもたらします。

このような事にならないように、

少しでも自分の身は自分で守るように

していきましょう!!




夜遊びに関する情報

当ブログはカンボジア情報のランキングに参加中です!

応援クリックをお願いします!!
↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

スポンサーリンク

カンボジアに行ったことがある方はシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です