緊急情報!!デング熱やチクングニア熱にかからないための対処法!!カンボジアなど海外旅行でかからないように気を付けることまとめ!

緊急情報!!デング熱にかからないための対処法!!

カンボジアなど海外旅行で

かからないように気を付けることまとめ!

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはカンボジア情報のランキングに参加中です!

応援クリックをお願いします!!
↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

対策方法はこちら

発熱が起きた…エボラ出血熱では…。  国を救った!?【蚊とりボトル】 アジアに拡大中?カンボジアエボラ出血熱情報  




みなさん!

最近海外でも、日本でも感染が拡大している

デング熱について知識を習得しましょう!

読み終わった方は、

シェアや、ツイートをよろしくお願いします!

蚊の媒体によりおこる病気です…

f:id:starbucksfanfan:20140905120547j:plain

カンボジアでの事例

デング熱とチクングニア熱は、

蚊によってうつる感染症で、

熱帯・亜熱帯地方にみられます。

発熱や関節痛、発疹などがみられます。

去年8月、カンボジアに渡航したグループ内で、

デング熱の患者とチクングニア熱の患者が

検出された事例もあります。

症状は主にこのような症状があります。

f:id:starbucksfanfan:20140905120856p:plain

対策としては…

やはり一番大切なのは、

蚊に刺されないことです。

f:id:starbucksfanfan:20140905121548j:plain

可能な限り、しっかりと

網戸がとりつけられているか、

エアコンが備わっているのがいいですね。

または、蚊をしっかりと駆除している

ホテルやリゾートに滞在してください。

蚊取り線香も有効

●長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ

皮膚の露出部を少なくましょう。

暑いかもしれませんが、日焼け対策にも

病気の予防にもなるので心がけましょう。

●流行地域では屋外にでかける場合や

網戸が備わっていない

建物にいる場合には、

ディート(DEET)などの有効成分が

含まれている虫よけ剤を、

皮膚の露出部につけるのが有効です!

使用する場合には、

必ず添付文書に記載されている

使用法を守ってください

正しく行わないと、効果が薄れる場合も

あります。。。

日焼け止めを使う場合は、

先に日焼け止めをつけてから、

虫よけ剤を使用するようにしてください。

f:id:starbucksfanfan:20140822031907j:plain

ちょっとでも体調が悪かったり、

おかしいな?って思ったときは

無理しないように、早めに医師に

相談するように心がけましょう!!

カンボジアなどでは

こういうことにも気を付けましょう!

カンボジア、シェムリアップの治安 カンボジア、シェムリアップの治安2 カンボジア・シェムリアップ全土の治安状況まとめ!   アンコールワットを見る前に知っておきたい! 

カンボジア記事ランキング
ブログに投票をお願いします!
↓↓↓



海外旅行 ブログランキングへ

スポンサーリンク

カンボジアに行ったことがある方はシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です