致死率90%恐怖のウィルス『エボラ出血熱』とカンボジアの関係!&8/18日が誕生日の性格

 

カンボジア情報ならここ

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

致死率90%恐怖のウィルス『エボラ出血熱』

とカンボジアの関係!?!?

今日の誕生日の方…

8/18日が誕生日の性格&恋愛傾向まとめ | 365日誕生日鑑定

おめでとうございます!!

その付近の方の誕生日はこちら

8/21日が誕生日の性格&恋愛傾向まとめ | 365日誕生日鑑定 8/20日が誕生日の性格&恋愛傾向まとめ | 365日誕生日鑑定 8/19日が誕生日の性格&恋愛傾向まとめ | 365日誕生日鑑定 8/17日が誕生日の性格&恋愛傾向まとめ | 365日誕生日鑑定

よくある体調不良のまとめ

海外カンボジア旅行から帰って来たら発熱が起きた…エボラ出血熱では…。対策と症状のまとめ&8/23日が誕生日の方 – カンボジアNEWS&日本情報局【モイ・ピー・バイ】 f:id:starbucksfanfan:20140818032328j:plain

全身からの出血をする、

恐ろしい感染症「エボラ出血熱」。

その致死率は88%にも上ったケースも・・・。

エボラ出血熱とは

一体どのような病気で、

原因のウイルスはどのようなウイルスなのか…

エボラ出血熱とは!?!?

フィロウイルス科エボラウイルス属の

ウイルスを病原体とする

急性ウイルス性感染症。出血熱の一つです。

エボラ出血熱は、1976年の同時期に、

スーダンのヌザラとコンゴ民主共和国の

ヤンブクの2か所で初めて発生しました。

「エボラ」の名は発病者の出た地域に

流れるエボラ川の名を取って命名された。

f:id:starbucksfanfan:20140818032511j:plain

カンボジアとの関係は!?!?
これまでの『エボラ出血熱』の

関係性を見てみよう…!!

現在の状況

感染者2240人(8月19日発表)

死者1350人以上(8月21日現在)

最新ニュースです!!

ミャンマーで、ミャンマーに滞在した22歳

ミャンマー人男性のエボラ出血熱感染

可能性があることが分かりました。

中央アフリカのコンゴ民主共和国でも

感染疑い者が数名発生、

既に死者も出ているようです。

【2014年8月15日時点での情報

●国別感染者
ギニア 519人(死亡380人)
リベリア 786人(死亡413人)
シエラレオネ 810人(死亡348人)
ナイジェリア 12人(死亡4人)
合計 1779人(死亡961人)

●疑い感染者の出ている国
マリ(6人) 4月4日時点。現在の詳細は不明。
フィリピン(7人) 

シエラレオネ帰りの労働者。日本での報道が少ない。

ベナン(2人) AFP通信が報じた。詳細は不明。
ウガンダ(詳細不明)
ミャンマー(1人)22歳男性。
コンゴ民主共和国(数人)既に死亡。

●以前に疑い感染者の出た国(現在は感染者無し)
カナダ(1人)、アメリカ(1人)、中国(1人)、サウジアラビア(1人)

疑い感染者の出ている国では、今後、

エボラ出血熱感染者が確認される恐れ。

尚、誤報である可能性もあるそうです。

流行の原因

f:id:starbucksfanfan:20140822025635j:plain

最初の感染は、2013年12月2日に「謎の病気」に

感染したとされていたギニア南部の2歳男児とみられ、

ウイルスに感染したコウモリを摂食したために

感染したと見られています。

その後男児は12月6日に死亡し、

家族に感染。母親は同月13日、

3歳の姉は同月29日、

祖母は2014年1月1日に死亡した。

祖母の葬儀に他の村から数人が訪れ、

そのうち2人がウイルスを持ち帰って、

看病した医療関係者や親族に

感染が広がったとされる。

その後医療関係者によって2月ごろに

近隣の村に感染が拡大した。

また、流行の原因としては、

先に挙げた「感染者の越境」

(病院を訪れるために越境して

隣国の病院を訪れる人がいる)のほか、

「エボラ出血熱死者の葬式」が挙げられる。

西アフリカ諸国では、遠方の死者の葬式に

出席する習慣が一部で定着しており、

死者に触れることで、血液を介して感染することがある。

f:id:starbucksfanfan:20140822025958j:plain

医療ボランティアに対する

不信も問題となっている。

8月5日に、現地の状況を報告する

会見に出た吉田さんによると、

現地では、国境なき医師団の施設に

運ばれると

「エボラ出血熱のウイルスを注射される」

「臓器を摘出され、売り飛ばされる」

など

という誤った話が住民の間で伝わり、

MSFの車両に石を投げつけられたこともあったという。

ロイターはこうまとめている。

「地域社会では、ボランティアの

外国人医療関係者が病気を持ち

込んだという考えもある。

また、地域の病院は設備不足など、

医者に対する信頼も薄い。

不信が錯綜する中、患者は伝統的治療法に頼る。

しかしそれはまた、

現代医療にはないものを見出してくれる。」

医療スタッフの不足は深刻で、

患者約50人に対して

医療スタッフは約5人ほどと、

非常に不足している状況が続き、

現地では数十人規模で医療関係者の

感染が発生している。命も懸かる活動のため、

誰もやりたがらない、という点が重要。

隔離施設内では、気温35度の中、

防護服に手袋やマスクを何枚も

重ねるという体勢のため、非常に暑い。

熱中症も危惧され、体力も必要。

鼻が痒くて手で触っただけで

感染リスクが一気に高まるので、

それ相応の訓練も必要。

医療スタッフの多くは何年もの

経験と訓練を積んだプロなのだ。

カンボジアで1番危ないのは

致死率90%恐怖のウィルス『エボラ出血熱』とカンボジアの関係!?!? – NAVER まとめ

他に注目されている記事

信じられない!?カンボジアイオンにある映画館が凄すぎる!!! – NAVER まとめ すごいぞ!?!?カンボジアにあるイオンモールプノンペン!!!! – NAVER まとめ シェムリアップで行っておくべきスポット!!『キングズロード』 – NAVER まとめ カンボジア・プノンペンの観光スポット!!! – NAVER まとめ

よんだらクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 

?

相互リンクを希望の方はコメントを

よろしくお願いします!!

スポンサーリンク

カンボジアに行ったことがある方はシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です