カンボジアで笑ってごはんを食べるために、タイにも仕事で行きます。

I feel happy when I eat with my family,

friends, sis and bro. There is nothing special to do.

But it is really important to eat with them with SMILYING.

結果この先に、
笑って飯が食える未来が待ってるなら
今ある、難しさも悔しさも、
もどかしさも切なさも、
笑ってご飯を囲んでる姿が
向こうで待っているって確信してるから、
起こる出来事を”点”でなく
5年後とか10年後とかの”線”でみたら
結果何をしても、何を選んでも
あれがあってよかったと思えてる事は間違いない。

 


だからこそ、いまこの瞬間の

自分の気持ちを制限せずに大切にするって

本当に大切だと思う。
だって5年後にも10年後にも

いつだって変わらず1番近くに

いてくれるのは、他の誰でもなく自分だから。

 


だからこそ、おとなこども関係なく

思ってることをぶつけ合って会話するって大切。
なんとなくや、物事が悪くならない方を

選ぶ癖がつくと、それこそ5年後の自分に申し訳ない。
笑って飯が食えるように。
比べるものすらない。
だからこそ、
Do my best でdo our best.

 

 

突然のタイに

昨日の突然の呼び出しに

急遽本日よりバンコク。


”紹介したい人がアメリカから

きてるから来なさい。これを逃すな”との電話📲
今日会える予定が、

明日に変更になり、
帰る予定もさらに明後日以降に伸びる✈️
”知恵を使いなさい”

 

チャンスはいつも足元に

ゴロゴロと転がっている”
そんなことをバンコクでこの数年で学んだこと。
バンコクで出会った当時同じ20代のみんな。
当時、数十円〜数百円の商売でも、

夢を持って少額の投資を積み重ねて、

すごいスピードで失敗を恐れず

進んでいく人たちとの出会いは、

四年経った今、その全ての人たちが

お店を構えてタイ国内でなく

諸外国に”輸出”をするまでになってる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やるかやらないか。
変えたいかそのままでいいのか。
なんのためにやるのか。
トライアンドエラーをするしないも決めるのは自分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


やっぱ勇気をもらえる国タイは好きだ🇹🇭

スポンサーリンク

カンボジアに行ったことがある方はシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です